印字・手書き情報を知覚しデータ化する「Tegaki」開発のAIベンチャー企業コージェントラボ、SBIインベストメントとトッパン・フォームズから総額13億円を資金調達

Cogent Labs(コージェントラボ)は、SBIインベストメントと、トッパン・フォームズから、シリーズAで総額13億円の第三者割当増資を実施、と発表。コージェントラボは、「最先端の人工知能を活用して人々の生活の質を高める」ことを目指して設立された日本発のスタートアップ。


Cogent Labs(コージェントラボ)は、SBIインベストメントと、トッパン・フォームズから、シリーズAで総額13億円の第三者割当増資を実施、と発表。コージェントラボは、「最先端の人工知能を活用して人々の生活の質を高める」ことを目指して設立された日本発のスタートアップ。

今回の資金調達によって、コージェントラボは、人工知能に関する研究や技術を応用した各種アプリケーションの提供を開始するとともに、次なる最先端の人工知能の研究・開発を進めていきたい考えだ。具体的には以下を進めていく予定。

* リサーチとエンジニアリング体制の更なる強化
* 世界各国から、博士号や修士号を保有するリサーチャーとエンジニアの採用を更に加速させる。多国籍で、多分野にまたがる専門性(天文物理学・統計学・量子物理学・脳科学・機械学習)を持つメンバーから生まれる多様性と、その融合により、革新的な人工知能の研究・開発を進める。
* 同社の強みをさらに活かすべく、多岐にわたる人財の採用に注力する
* 加えて、人工知能をより人々の身近な存在として位置付けられるよう、UXデザインに優れたエンジニアの採用も行うことで、リサーチとエンジニアリングチームの体制強化する。
* 印字・手書き情報を知覚しデータ化する「Tegaki」の事業化と複数の新規アプリケーションの開発
* Tegakiでは、既存技術では読取ることが難しく、手入力されていた日本語を、スピーディーにデータ化する。これにより、業界や事業規模を問わず、手入力作業にかかる業務の効率化とコスト削減、労働生産性の向上を目指す。
* また、APIを通じたサービスも提供することで、パートナー企業と顧客にも、人工知能を活用した独自のソリューションを開発できるようにしていきたい考えだ。
* 中期的には、Tegakiの基礎となる技術を応用し、製造・金融・医療・サービス業界を主な対象に、音声・画像等様々なビックデータを活用した、アプリケーションの開発やサービスの導入を進める。
* 次世代人工知能の研究・開発
* 知覚した情報を効果的、効率的に活用するため、様々な情報を理解する技術の研究・開発を進める。これにより、次世代人工知能の研究・開発に取り掛かることで、次々と独自で画期的なサービスを世の中に提供し、人々の生活を高めていくことに寄与していきたい考えだ。

なお、Tegakiにおいては、SBIインベストメントと、トッパンフォームズのネットワークや顧客基盤を活かし、国内市場に加え、主にアジアなどの海外市場にもサービス提供することも視野に入れているとのこと。