協働ロボット「CORO」のライフロボティクス、グローバル・ブレインなどからシリーズBで総額10億円を資金調達

協働ロボット「CORO(コロ)」 を開発・製造・販売するライフロボティクス株式会社は、グローバル・ブレイン株式会社をリードインベスターとして第三者割当増資を実施し、シリーズBで総額10億円の資金調達を完了し、シリーズAおよびシリーズB含めて総額15億円の資金調達を1年間で完了したことを発表。

協働ロボット「CORO(コロ)」 を開発・製造・販売するライフロボティクス株式会社は、本日(11月21日)、グローバル・ブレイン株式会社をリードインベスターとして第三者割当増資を実施し、シリーズBで総額10億円の資金調達を完了し、シリーズAおよびシリーズB含めて総額15億円の資金調達を1年間で完了したことを発表。

今回のシリーズBには、グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合(グローバル・ブレイン株式会社)、MF-GB投資事業有限責任組合 (グローバル・ブレイン株式会社、三井不動産のコーポレートベンチャーキャピタル)、株式会社KODENホールディングス、みずほキャピタル株式会社、Golden Asia Fund II, L.P.(Golden Asia Fund Ventures Ltd.、三菱UFJキャピタルと創新工業技術移転股份有限公司(ITIC)が共同で設立したファンド)などが参加した。

ライフロボティクスは、生産性向上と人手不足解消のために、ロボットが繰り返し単純作業を担い、人が付加価値の高い仕事に専念できる社会構築を目的として、世界で最もシンプル動作のピッキング用協働ロボット「CORO」を2016年1月より販売開始。「CORO」はすでに、トヨタ自動車株式会社、オムロン株式会社、株式会社吉野家、ロイヤル株式会社など幅広い市場のトップ企業への販売が進んでいる。

今回の資金調達によって、ライフロボティクスは、量産体制・新規開発・販売・アフターフォローの強化を行い、一層の事業拡大を目指す考えだ。