医療版UBERを目指す!シェアメディカル、夜間往診クリニックFastDoctorと戦略的提携

医療用チャットサービスを提供しているシェアメディカルは、夜間往診サービスを手がけるFastDoctoと戦略的提携したと発表した。


医療用チャットサービスを提供しているシェアメディカルは、夜間往診サービスを手がけるFastDoctorと戦略的提携したと発表した。

今回の発表で、シェアメディカルは、メディライン医療用高強度暗号プラットフォーム上で患者向けのスマートフォンアプリを開発し提供する。8月には、患者向けアプリをリリース予定としており、往診時以外にもチャットによる医療相談など、オプションサービスも順次開始していく計画。

一方FastDoctorは、往診依頼に対して患者の元に出向き診察を行う。当面は東京23区と千葉県の一部エリアを対象としており、今後も往診範囲を拡大していく予定。

また両社は、エリア拡大のために参画する医療機関の開拓も共同で行うとしている。さらに、企業健保組合と連携し健診後、要治療と判断された社員に対して確実に治療介入ができるモデルを提案し、生活習慣病患者の受診アドヒアランスの改善、そして医療費の抑制を狙うという。

なおその他にも、マンションデベロッパー等に対しても入居者向け付帯サービスとしてスマート往診システムの採用を働きかける他、高齢者の見守りサービスを展開する企業などとも協業し、異常時に医師が駆けつけるサービスの共同開発などを行う計画。