元サムライ両角氏、福岡市を拠点とした新たなベンチャーキャピタル「F Ventures」を設立

F Venturesは、福岡市を拠点とし、今後予定しているファンドの設立及びシード期スタートアップへの投資支援を目的としたベンチャーキャピタル業務を開始する、と発表した。なお、F Venturesの代表は、福岡県出身で元サムライインキュベートの両角将太氏がつとめる。

F

F Ventures LLPは、4月4日、福岡市を拠点とし、今後予定しているファンドの設立及びシード期スタートアップへの投資支援を目的としたベンチャーキャピタル業務を開始する、と発表した。

F Venturesは、投資方針に、

* 投資ラウンド
* シードラウンド
* 投資対象
* 福岡出身の起業家に投資、もしくは、将来的に福岡で拠点開設する意向のある国内・アジアのスタートアップ
* 1社あたりの投資額
* 500〜1500万円

を掲げ、広報・企画・事業アライアンスを中心にハンズオンで支援し、福岡市をベースにIT人材教育やプロダクト創出し、さらに、事業会社や行政との連携を強化していく、としている。

なお、F Venturesの代表は、福岡県出身で元サムライインキュベートの両角将太氏がつとめる。