働く人と企業の健康を支える「OFFICE DE YASAI」運営のKOMPEITO、総額1.5億円を資金調達

働く人と企業の健康を支援するオフィス向け野菜提供サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」 を運営するKOMPEITOは、ニッセイ・キャピタル、ツネイシキャピタルパートナーズ、米シリコンバレーのVCであるNOS Ventures、ブルーストーンキャピタル株式会社代表取締役の菅下清廣氏、株式会社SHIFT代表取締役の丹下大氏らを引受先とし、総額1.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

働く人と企業の健康を支援するオフィス向け野菜提供サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」 を運営するKOMPEITOは、ニッセイ・キャピタル、ツネイシキャピタルパートナーズ、米シリコンバレーのVCであるNOS Ventures、ブルーストーンキャピタル株式会社代表取締役の菅下清廣氏、株式会社SHIFT代表取締役の丹下大氏らを引受先とし、総額1.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

OFFICE DE YASAIは、オフィス内で食べられるハンディサイズの野菜・果物を中心に、新鮮でおいしいヘルシーフードを毎週企業のオフィス内に設置した冷蔵庫にお届けするサービス。企業の福利厚生費等を活用し、従業員は1パック100円程度でいつでも購入できる仕組みとなっている。また1月からは、当社オリジナル「カラダ満足パワーサラダ」を開始している。

今回の資金調達によって、顧客基盤および商品・サービスの強化を図り、顧客数1000社規模を目指したい考えだ。

なお現在、OFFICE DE YASAIの利用企業数はベンチャーからナショナルカンパニーまで累計400社以上という。