低カロリーで高栄養価!完全栄養食ソイレント、朝食にぴったりなコーヒー味の新製品「Coffiest」登場…ソイレントの歴史を振り返る

いま、国連食糧農業機関(FAO)では、食糧難の救世主として「昆虫食」を未来の食糧として紹介するなど、食糧難の最後の切り札として「昆虫食」「完全栄養食」が注目されている。今回、Pedia Newsでは、Soylentと同社の新製品「Coffiest」を紹介しよう。

世界の天候は、年々地球温暖化が深刻化している。米航空宇宙局(NASA)は7月、今年(2016年)上半期の世界平均気温が1880年以降、過去最高に高まっており、二酸化炭素などによる地球温暖化に歯止めがかかっていない状態であることを明かした。

このまま地球温暖化が深刻化すれば、農業生産が大きく影響を受け、食糧市場は一段と不安化していくことは避けられないだろう。

そこで、いま、国連食糧農業機関(FAO)では、食糧難の救世主として「昆虫食」を未来の食糧として紹介するなど、食糧難の最後の切り札として「昆虫食」「完全栄養食」が注目されている。中でも、米スタートアップの中でもコオロギプロテインバー「Exo」と完全栄養食「Soylent」は圧倒的な存在感を示している。(参考記事:米国のコオロギプロテインバーExo、シリーズAで約4億5,000万円調達電通ベンチャーズ、コオロギプロテインバーの米国Exoに出資

そのSoylentは、8月10日、新たに朝食の代わりになる新製品「Coffiest」を発表した。

今回、Pedia Newsでは、Soylentと同社の新製品「Coffiest」を紹介しよう。

### 完全栄養代替食「Soylent」

たったこれだけで生きるために必要な栄養素がすべて含まれた、完全栄養代替食「Soylent(ソイレント)」。

ソイレントは、2013年には米クラウドファンディング大手Kickstarterでプロジェクトを開始し、目標金額10万ドル(約1,000万円)をはるかに超え、200万ドル(約2億円)以上の支援を集め、「Soylent 1.0」が製品化された。

「Soylent 1.0」では、肉や野菜を食べなくても、粉末を水に溶かして飲むだけで、1日に必要なすべての栄養素をまかなうことができ、毎日食事を取る必要もない。

その後、2013年にはシードでAndreessen Horowitz、Lerer Ventures、Hydrazine Capital、Initialized Capitalから150万ドル(約1億5,000万円)を資金調達、2015年にはシリーズAでAndreessen Horowitz、Lerer Ventures、Index Ventures、The Climate CorporationのCEOであるDavid Friedberg氏などの個人投資家から2,000万ドル(約20億円)を資金調達している。

シリーズAの資金調達で、Andreessen HorowitzのゼネラルパートナーChris Dixon氏がソイレントの社外取締役に就任している。

その後、カナダにも進出し、事業展開地域を拡大している。

ただ「Soylent 1.0」は、簡単に必要な栄養素を補える一方で、プロテインのような粉末タイプで水と混ぜ合わせても飲みにくさがあった。

そこで、2015年8月、ボトルタイプのパッケージにして新登場したのが「Soylent 2.0」だ。

ボトルの中には液体状のSoylentが入っており、フタをあけて飲むだけで、体に必要な栄養素であるビタミン、ミネラル、脂肪、炭水化物、タンパク質のすべてを簡単にとれる。朝食の代わりにも、忙しい仕事の合間にもぴったり。

そして、この度、新たに朝食の代わりに飲むだけで必要な栄養素を摂取できるコーヒーテイストのソイレント「Coffiest」が発表された。

「Coffiest」はSoylent Drink 2.0に、8オンス(約235ml)のコーヒー2杯分に相当する150mgのカフェインを配合したコーヒー味のソイレント。Coffiestの価格は、1ケース12ボトル入りで39ドル(約4000円)、定期購入なら37.05ドル(約3800円)。

Coffiestでは1日に必要な栄養素のうち20%を代替できる。1本あたりのエネルギーは400kcal。カロリーの内訳は脂質47%、炭水化物33%、たんぱく質20%。

また、ソイレントは「Coffiest」のリリースに加えて、固形タイプの「Soylent Bar」もリリース予定。Soylent Barは、カロリーが250kcalで、軽食やおやつとして簡単に必要な栄養素をとれるものになるという。

ソイレントは、米国とカナダのみで出荷中。現在、公式ショップのみでの販売だが、近々Amazon.comでも取り扱いを開始する計画。