人材紹介会社向け基幹システムで業界売上NO.1「ブレイン・ラボ」とHEROZが業務提携…膨大な成約情報から求職者と求人情報をAIでマッチングする機能を共同開発

じげんの連結子会社である、人材紹介会社向け基幹システム「CareerPlus2」で業界売上NO.1のブレイン・ラボは、史上初めて現役将棋プロ棋士に勝利した将棋人工知能(AI)を初め、 AI技術などを活用したサービスの企画・開発・運営を行うHEROZと業務提携契約を締結し、人材紹介会社向け基幹システムとして、 AIを活用した求職者と求人情報をマッチングする機能「brain insight matching」を共同開発することを発表。

じげんの連結子会社である、人材紹介会社向け基幹システム「CareerPlus2」で業界売上NO.1のブレイン・ラボは、史上初めて現役将棋プロ棋士に勝利した将棋人工知能(AI)を初め、 AI技術などを活用したサービスの企画・開発・運営を行うHEROZと業務提携契約を12月20日に締結し、人材紹介会社向け基幹システムとして、 AIを活用した求職者と求人情報をマッチングする機能「brain insight matching」を共同開発することを発表。なお、運用開始は、2017年春を予定。

ブレイン・ラボは、人材紹介会社向け基幹システムとしてCP2を提供し続け、業界売上NO.1を誇る会社。特に、①人材紹介ビジネスに特化し、必要な機能を標準搭載して業務効率を飛躍的に高めることができること、②部門・個人KPIや事業進捗を「見える化」、経営層の事業戦略における意思決定をリアルタイムで支援できること、③大手から成長著しいベンチャー企業まで豊富な取引実績があり、事業課題・フェーズに合ったノウハウ・カスタマイズの提案ができること、の3点が評価を得ているという。

この機能開発を通じ、「CareerPlus2」を進化させ、さらなる人材紹介会社の事業成功支援を進めることで、より一層質の高い「求職者と求人の出会い」を最大化させる「CareerPlus2 Advance構想」の第一弾を実施していきたい考えだ。これにより、各人材紹介会社が持つ膨大な成約情報をもとに、先入観にとらわれずに、求職者に対してより採用可能性の高い求人情報を効率良く紹介できるようになる。