人工知能「AIアナリスト」のWACUL、電通デジタル・ファンドとジャフコから総額3.5億円を資金調達

WACULは、電通デジタル・ホールディングスが運用する電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)、ジャフコが運営する投資事業有限責任組合の2社を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額3.5億円を資金調達したと発表。なお、電通デジタル・ファンドからの資金調達については、多くの広告・メディアに関する豊富なデータを持つ電通グループと業務提携までを視野に入れているとのこと。


WACULは、電通デジタル・ホールディングスが運用する電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)、ジャフコが運営する投資事業有限責任組合の2社を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額3.5億円を資金調達したと発表

WACULでは、2015年4月よりWebサイト分析の人工知能「AIアナリスト」を提供する。「AIアナリスト」は、Webサイトの大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービス。

AIアナリストでは、中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」、「Webサイトのデータはとっているけど、どう活用していいのかわからない」等といったお悩みに対し、月額4万円からという低価格で解決する。現在、登録サイト数は9,000を超え、多くの企業でのデジタルマーケティングに活用されている。

今回の資金調達によって、開発を強化するとともに、新しい技術開発を進めていきたい考えだ。

なお、電通デジタル・ファンドからの資金調達については、多くの広告・メディアに関する豊富なデータを持つ電通グループと業務提携までを視野に入れているとのこと。