人型ロボットPepperアプリ開発のトップディベロッパー「ヘッドウォータース」がベクトル、オークファンなどから総額1億9,000万円を資金調達

株式会社ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」を中心に国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータースは、株式会社ベクトル、株式会社オークファンなど計5社を引受先として第三者割当増資を実施し、総額1億9,000万円を資金調達したことを発表した。

国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータースは、9月9日、計5社を引受先として第三者割当増資を実施し、総額1億9,000万円を資金調達したことを発表した。

今回のラウンドには、株式会社ベクトル、株式会社オークファン、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役で投資家の菅下清廣氏らが参加した。

ヘッドウォータースは、株式会社ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」を中心に独自開発のロボットアプリの提供を行う会社。現在、200件以上の開発実績とノウハウを持つ。

また、2015年には、人工知能や機械学習機能と連携するクラウドロボティクスサービス「SynApps」を販売開始。

コミュニケーション型ロボットとクラウドサービスを繋ぐことで、より賢く実用的なロボットアプリ開発とロボットの多店舗展開を実現している。

今回の資金調達によって、ヘッドウォータースは、より実用的な“業務”を遂行するロボットの普及するために、クラウドロボティクスの開発・拡充、およびシステム開発を支える優秀なエンジニアの採用を強化していきたい考えだ。