京都大学iPS細胞スタートアップiHeart Japan、ユーグレナインベストメントとSBIインベストメントから資金調達

iHeart Japan株式会社は、株式会社ユーグレナインベストメントが運営するリアルテックファンド1号投資事業有限責任組合、SBIインベストメント株式会社が運営する複数の投資事業有限責任組合などを引受先とする約7億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

iHeart

iHeart Japan株式会社は、4月27日、株式会社ユーグレナインベストメントが運営するリアルテックファンド1号投資事業有限責任組合、SBIインベストメント株式会社が運営する複数の投資事業有限責任組合などを引受先とする約7億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

iHeart Japanは、京都大学iPS細胞研究所の山下潤教授らの研究成果を実用化することを目指し 2013年に設立されたベンチャー企業。iPS細胞から分化させた細胞を用いた「心不全治療用再生医療等製品」を開発中 。

今回の資金調達によって、iHeart Japanは、前臨床試験を行い、数年後には治験を開始することを計画している。