事前登録社数130社突破、リファラル営業プラットフォーム「Saleshub」がサービス開始 2017年度中にユーザー数10,000名・登録企業数1,000社を目指す

株式会社Saleshubは、お客さんを紹介して欲しい企業とお客さんを紹介できる個人をつなぐリファラル営業プラットフォーム「Saleshub(ユーザー向け、企業向け)」を、本日より正式に提供開始する。現在、事前登録にて130社もの企業が登録しており、クローズド運用の段階ですでにマッチングも成立している。


株式会社Saleshubは、お客さんを紹介して欲しい企業とお客さんを紹介できる個人をつなぐリファラル営業プラットフォーム「Saleshub(ユーザー向け企業向け)」を、本日より正式に提供開始する。

Saleshubは、お客さんを紹介して欲しい企業と、お客さんを紹介できる個人をマッチングするサービス。企業は完全成果報酬で顧客を獲得でき、ユーザーは企業に顧客を紹介することで祝い金を獲得できる。

現在、事前登録にて130社もの企業が登録しており、クローズド運用の段階ですでにマッチングも成立している。導入企業は、従業員規模が2名から900名以上と幅広く、業種としてはITが7割、残り3割が不動産、デザイン・空間デザイン、食品卸業など。実際、freee](https://saleshub.jp/requests/98145839){: target=”_blank”}、ラクスル(ハコベル事業部)ChatWork](https://saleshub.jp/requests/77662762){: target=”_blank”}、[みんなのマーケット、[Rettyが利用している。

**今までの営業支援サービスは初期費用や月額費用がかかるものが多かった中で、Saleshubはそういったものがかからずに完全成果報酬で活用できるという点が強く刺さっていると感じております。また、完全成果報酬の金額も企業さんが自由に設定できるため、小規模の会社さんでもリスクなく活用することができる点は大きな強みです。**

**また、企業さん側も過去の経験から、テレアポや飛び込みよりも、誰かからのご紹介によってご縁ができた企業さんとの方がその後のビジネスが上手くいくことを実感されているケースが多いため、そういった面でもサービスに共感してくれているのかなと思っております。**(株式会社Saleshub 代表取締役 江田学氏)

同サービスの特徴は、①企業向けの管理画面から「紹介依頼管理」や「メッセージ一覧」などの各種機能を簡単に利用でき、また②社員招待機能を利用すれば複数人でメッセージの管理できる点だろう。もちろん、メッセージはスマホでも利用可能なので、ユーザーとチャット形式で手軽に連絡を取ることができる。さらにユーザーが友達を招待すると、その友達がお祝い金を獲得するたびにSaleshub手数料の5%の金額を獲得可能だ。

今後は、引き続き、紹介依頼を拡充していくとともに、2017年度中には登録企業数1000社と1万ユーザーの獲得を目指していきたい考えだ。