中国Lagou、シリーズCで約38億円調達…バリュエーションは約168億円

中国のエンジニア採用プラットフォームLagouは、シリーズCで2億2,000万元(約3,400万ドル・約38億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達よって、Lagouのバリュエーション(企業評価額)は1億5,000万ドル(約168億円)としている。

lagou

中国のエンジニア採用プラットフォームLagouは、3月24日、シリーズCで2億2,000万元(約3,400万ドル・約38億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、Hongdao Capitalがリードで、Qiming Venture PartnersとRongchao Capitalが参加した。

今回の資金調達について、同社は、研究開発費用にあてる、としている。

Lagouは、2013年7月、インターネットと技術分野の採用に特化したジョブマッチングサイト「Lagou.com」のベータ版をリリースしている。2015年第2四半期(4月〜6月)には、商用版として公式リリースされた。

lagou1

現在、個人アカウント数は600万、企業アカウント数は11万以上。同社によれば、2015年の売上は7,000万元(約12億円)で、2016年の売上は2億元(約34億円)を想定している、とのこと。

また、同社は、2013年7月にはDecent VentureとZhen Fundからエンジェルラウンドで数百万ドル(約数億円)の資金調達、2014年3月にはBertelsmann Asia Investments(BAI)からシリーズAで500万ドル(約6億円)の資金調達、その5カ月後の2014年8月にはQiming Ventures PartnersとBAIから2,500万ドル(約28億円)の資金調達を実施している。今回の資金調達で、資金調達額は合計6,400万ドル(約71億円)以上となった。

今回の資金調達によって、Lagouのバリュエーション(企業評価額)は1億5,000万ドル(約168億円)まで上昇した。なお、同社は上場準備中である、とのこと。