中国向け越境ECプラットフォームInagora、シリーズBで約24億円を資金調達

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するInagora株式会社は、シリーズBラウンドの第三者割当増資を実施して総額2,000万ドル(約24億円)を資金調達した、と発表した。

Inagora

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するInagora株式会社](http://cb.inagora.com/){: target=”_blank”}は、[5月25日、2016年2月17日のシリーズAラウンドに続き、2016年5月25日付けでシリーズBラウンドの第三者割当増資を実施して総額2,000万ドル(約24億円)を資金調達した、と発表した。

今回のラウンドでは、新たな引受先として、株式会社MTG、日本の大手総合商社、中国大手投資会社真格基金が参加し、中国大手投資会社Ventech Chinaが前回ラウンドに引き続き追加投資を実施した。

中国では、収入レベルの上昇に伴い、生活の質に対して投資する「品質消費」時代にシフトし、訪日中国人の旅行スタイルは「爆買い」から「体験型旅行」へと変化している。中産階級人口の増加に伴う消費構造の変化とインバウンド消費の減速が、中国越境EC市場の更なる成長を後押ししていると考えられ、その規模は日本のEC市場規模の約10倍にも及ぶと推定される。

今回の資金調達について、Inagoraは、

現在中国では、景気減退懸念の高まりからVC資金は滞り、新興企業は冬の時代を迎えておりますが、日本の事業者と中国の消費者を結ぶB2B2Cの越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」の将来性、成長性を評価頂いた結果、3カ月間という短期間で2回目の大型資金調達を実施することが出来ました。

と述べている。

今回の資金調達によって、Inagoraは、中国におけるマーケティング強化していきたい考えだ。

これにより、Inagoraは、中国で最も人気のある美容番組「我是大美人」をはじめとした現地TV番組とのタイアップや、上海伊勢丹での美容イベントに「Wonderfull Platform」で取り扱う日本製商品を展示したショールームを出店するなど、「O2O型の中国向け越境ECサービス」を積極的に展開していく予定。

なお、Inagoraは、現在「京東」や「美麗説HIGO」などの中国大手ECサイトと提携しているが、今後、さらに提携サイトを増やしていきたい考えだ。