中国・フードデリバリーO2OソリューションプロバイダーYummy Express、シリーズCで約11億円を調達…Baidu「Waimai」などに対応

中国・北京のO2OソリューションプロバイダーYummy Expressは、ClearVue PartnersなどからシリーズCで1,000万ドル(約11億円)の資金調達を実施した、と発表した。

DESCRIPTION

中国・北京のO2OソリューションプロバイダーYummy Expressは、4月19日、シリーズCで1,000万ドル(約11億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、ClearVue Partnersがリードで、SBCVCが参加した。ClearVue Partnersは、中国のB2C向けサービスに投資をするプライベートエクイティファンド(PEファンド)。

Yummy Expressは、2012年、Yu Yang氏、Yang Shuyi氏、Ba Zhen氏によって設立された会社。共同創業者の3名は、元DHL、YCHの出身者で中国の物流・デリバリー市場に明るく広い知見を持つ。

Yummy Expressでは、フードデリバリーを中心に、中国大手Baiduの「Waimai」のようなケータリングサイトを含んだO2Oプラットフォームに向けに、低コストかつ最小限の設備投資で幅広い事業展開を実現できるO2Oソリューションを提供する。

現在、Yummy Expressは急成長中だ。フードデリバリー数は2015年1月の33万から2016年1月の560万以上へ急成長を遂げている。これには、Yummy Expressの展開地域が、中国国内で2015年1月時点の5都市から2016年1月時点で18都市へ拡大したことが起因する。

さらにYummy Expressでは、中国のECサイトmissfresh.cn、1mxian.com、xuxian.comのようなウェブサイトから果物、ケーキなどをデリバリーする物流・オペレーションソリューションも提供している。なお、配達員数は5,000人で、1日あたりの配達量は20万以上。

今回の資金調達によって、Yummy Expressは、中国のO2Oソリューションプロバイダーとして存在価値を高めていきたい考えだ。