世界最小落し物追跡タグ「MAMORIO」活用の忘れ物通知サービス、東急線渋谷駅で試験導入

東京急行電鉄は、お忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的に、東急線渋谷駅でMAMORIOの落し物追跡タグを活用したお忘れ物検索・通知サービスを試験導入する。MAMORIOがベンチャー企業と東急グループの事業共創を目的とした「東急アクセラレートプログラム2015」に応募していたことから実現。

東京急行電鉄は、お忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的に、11月15日から約6カ月間、東急線渋谷駅でMAMORIOの落し物追跡タグを活用したお忘れ物検索・通知サービスを試験導入する。MAMORIOがベンチャー企業と東急グループの事業共創を目的とした「東急アクセラレートプログラム2015」に応募していたことから実現。

MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを搭載した世界最小(35.5mm)の落し物追跡タグ「MAMORIO」及び専用アンテナ「MAMORIOアンテナ」を活用したお忘れ物通知サービスを展開する会社。

今回の試験導入は、追跡タグを付けた所持品を紛失した際、MAMORIOが提供する「クラウドトラッキング機能」によって、紛失物の位置情報を確認することができるというもの。具体的には、追跡タグから発信されている位置情報を、駅などの公共施設に設置する専用アンテナが受信することで、紛失物の位置情報を通知することができる。

今回の試験導入では、専用アンテナを東急線渋谷駅の忘れ物受付所に設置することで、追跡タグの付いたお忘れ物のアンテナから一定範囲内にいる持ち主に、位置情報を通知することができ、忘れ物の早期受け渡しが可能となる予定。ユーザーからの意見をヒアリングしながら、検知精度について改良を図ると共に、紛失時の連絡先の知らせを含むサービス改良についても検討していく。