世界最小クラスの紛失防止IoTタグ「MAMORIO」がメルコホールディングスから資金調達

MAMORIOは、メルコホールディングスを割当先とする第三者割当増資を実施することを決定したと発表。


MAMORIOは、メルコホールディングスを割当先とする第三者割当増資を実施することを決定したと発表

MAMORIOは、世界最小クラスの紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を運営する会社。「なくすを、なくす。みんなで、さがす。」をコンセプトに、2015年11月から出荷を開始し、現在までに同製品の利用ユーザーがカバーした累計カバー面積は250万平方kmを超えるなど拡大するIoT市場でも際立った成長を遂げる。

一方、メルコホールディングスは、デジタル家電及びパソコン周辺機器の開発、製造、販売等を行う株式会社バッファローを中核企業とする純粋持株会社で、IoT時代の社会全体での安心ネットワークを提供するという中期ビジョン(ゲートウェイ2.0)の実現に向けグループ会社を通して事業展開している。

今回の資金調達によって、今後、IoT市場が拡大する中、メルコホールディングスから出資を受けることで、製品のさらなる付加価値の向上を行い、新製品や新サービスの開発など新しい活用領域への拡大を行っていく予定。