世界最大の採用マーケットプレイス「Jobandtalent」、AtomicoなどからシリーズBで約42億円を資金調達…元UberのNiall Wass氏が社外取締役に就任

世界最大の採用マーケットプレイスを提供するJobandtalentは、AtomicoなどからシリーズBで4,200万ドル(約42億円)の資金調達を実施した、と公式ブログで発表した。今回の資金調達で、元Uber(EMEA & APACのSenior Vice President)でAtomico(Executive-in-Residence)のNiall Wass氏が社外取締役に就任する。

世界最大の採用マーケットプレイスを提供するJobandtalentは、6月14日、シリーズBで4,200万ドル(約42億円)の資金調達を実施した、と公式ブログで発表した。

今回のラウンドは、Atomicoがリードで、FJ Labs、 Workday(VP Technology Strategy)のAdeyemi Ajao氏、Bright.comの創業者で2014年にLikedInにイグジットしたSteve Goodman氏が参加した。

今回の資金調達で、元Uber(EMEA & APACのSenior Vice President)でAtomico(Executive-in-Residence)のNiall Wass氏が社外取締役に就任する。これにより、Jobandtalentは、経営陣を強化してグローバルで事業拡大を目指したい考えだ。

Jobandtalentは、中小企業の就職や採用に関する伝統的なオンライン・オフラインの方法を変革することを目指す。Jobandtalentでは求職者の情報と採用側企業の採用情報を言語解析し、マッチング精度を高めることで最適な採用を支援する。Jobandtalentを利用する企業はマクドナルド、ヤフーなど。

今回の資金調達によって、Jobandtalentは、新しい領域へ事業を拡大しながら、既存市場でさらなる存在感を示すとともに、事業開発とエンジニアの採用を進めていきたい考えだ。