世界初レンタルサービスオフィシャルパートナー!ビジョンとログバーが資本業務提携、訪日外国人客・海外渡航者にウェアラブル翻訳デバイス「ili」を提供

海外へ渡航される方(日本へ渡航する訪日外国人旅行者含む)に快適なモバイルインターネット環境を提供するグローバルWiFi事業を手掛ける株式会社ビジョンは、株式会社ログバーの第三者割当増資を引き受けると共に業務提携を行い、ログバーが開発するウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」の日本におけるレンタルサービスオフィシャルパートナーとなり、世界に先駆け2017年春からレンタルサービスを開始し、新たな需要創出を図るビジネス開発を進めることを発表した。

海外へ渡航される方(日本へ渡航する訪日外国人旅行者含む)に快適なモバイルインターネット環境を提供するグローバルWiFi事業を手掛ける株式会社ビジョンは、10月13日、株式会社ログバーの第三者割当増資を引き受けると共に業務提携を行い、ログバーが開発するウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」の日本におけるレンタルサービスオフィシャルパートナーとなり、世界に先駆け2017年春からレンタルサービスを開始し、新たな需要創出を図るビジネス開発を進めることを発表した。

ビジョンは、「世の中の情報通信産業革命に貢献します。」を経営理念に掲げ、コーポレートスローガンである“More vision, More success.”に沿い、より先見性のある選択で、お客様により多くの成功を得ていただくべく、情報通信分野における事業を主軸に、サービスを提供する。

特に、海外出張頻度が高い法人及び個人旅行者へ提供する海外向けWi-Fiルーターレンタルサービス「[グローバルWiFi](http://townwifi.com/ ){: target=”_blank”}」、並びにインバウンド(訪日外国人旅行者)向けWi-Fiルーターレンタルサービス「NINJA WiFi」の利用者は、低価格・セキュア・高品質なモバイルインターネットの急激な需要の高まりもあり、堅調に増加している。

一方、ログバーは、新たな価値を提示するプロダクトを生み出す企業として、これまでも斬新なデバイスを送り出してきた。中でも、世界中の人たちが言語の壁を感じることなくコミュニケーションできる世界を実現させる理念に基づき開発された「ili」は、手軽に持ち歩けるサイズで、インターネットに接続しなくても本体についたボタンを押して話すと、即自然な翻訳音声を発するウェアラブル翻訳デバイス。

今回の資本業務提携によって、ビジョンとログバーは、「ili」をつうじて、海外に渡航する方や訪日外国人旅行者、及び接遇する方に対して、より一層アクティブに活動できる支援していきたい考えだ。