世界初、暗闇でも赤外線のみでカラー撮影を可能にするナノルクス 台湾トップメーカーASUS社と筑波銀行グループから総額約1億3000万円を資金調達

暗闇でもカラー撮影を可能にする「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーと、同技術を搭載した暗視カメラ等の開発・設計・製造を行う株式会社ナノルクスは、初の資金調達にて、台湾トップメーカーのASUSTeK Computer Incと筑波銀行グループの筑波総研株式会社を引受先に合計1億3000万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。またASUSとは、「赤外線カラー暗視技術」が搭載された新商品を直ちに共同開発することも明らかにした。

暗闇でもカラー撮影を可能にする「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーと、同技術を搭載した暗視カメラ等の開発・設計・製造を行う株式会社ナノルクスは、初の資金調達にて、台湾トップメーカーのASUSTeK Computer Incと筑波銀行グループの筑波総研株式会社を引受先に合計1億3000万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。またASUSとは、「赤外線カラー暗視技術」が搭載された新商品を直ちに共同開発することも明らかにした。

「赤外線カラー暗視技術」は、光が全く入らない真っ暗闇でも赤外線のみで鮮明なカラー撮影を可能にするナノルクスの独自技術。ナノルクスの技術担当取締役である永宗靖が産業技術総合研究所にて、赤外線を被写体に照射した際に反射される波長が異なることをみつけ、赤外線にも色の要素があることを発見したことから始ったという。その後、赤外線を被写体に当てた際の反射強度を分析し、可視光の反射強度との相関関係も判明しているそうだ。

従来の赤外線暗視カメラは、光が入らない場面ではモノクロ撮影しかできませんでしたが、ナノルクスの「赤外線カラー暗視技術」は真っ暗闇でも被写体に当てた赤外線から得られる情報をもとに、可視光との相関関係から、カラー画像を再現可能にする。なお「赤外線カラー暗視技術」は特許取得済み。

また、暗闇での撮影手法はこれまでのモノクロ撮影と同じなため、「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーを通常のカメラに組み込むだけで、暗闇でのカラー撮影が可能となる。

これらにより、「赤外線カラー暗視技術」を活用しやすくすることで、夜間の防犯や、介護施設/病院での入所者・患者の見守り、車載カメラなど様々な用途での活用を見込んでおり、安全・安心な社会構築に貢献したい考えだ。

今回の資金調達によって、「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーの開発と量産体制の構築、および関連技術の開発と関連プロダクトの量産体制の確立を目指す。