世界にひとつだけのデジタルクローゼットの構築を目指すファッションアプリ『XZ』運営のSTANDING OVATION、大手繊維商社・豊島のCVCとD4V、ボルテージなどから総額1.8億円を資金調達

STANDING OVATION社は、大手繊維商社豊島の系列ファンド「ファッション&テクノロジー 1号投資事業組合」、世界的デザインコンサルティング会社IDEOとGenuine Startupsの合弁VC「D4V 1号投資事業有限責任組合(Design for Ventures)」、恋愛アプリのパイオニア「ボルテージ」、「メサイアキャピタル」、エンジェル投資家、および既存株主で、日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosmeを運営する「アイスタイルグループ」より、総額1.8億円の資金調達を実施した。

**STANDING OVATION社**は、大手繊維商社豊島の系列ファンド「ファッション&テクノロジー 1号投資事業組合」、世界的デザインコンサルティング会社IDEOとGenuine Startupsの合弁VC「D4V 1号投資事業有限責任組合(Design for Ventures)」、恋愛アプリのパイオニア「ボルテージ」、「メサイアキャピタル」、エンジェル投資家、および既存株主で、日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosmeを運営する「アイスタイルグループ」を引受先とする第三者割当増資により、1.8億円の資金調達を実施したことを発表した。今回の資金調達は、シード期の「Skyland Ventures」、前回の「gumi ventures」と日本政策投資銀行のVC「DBJ キャピタル」につぐものとなった。

今回の資金調達によって、**アプリ『XZ(クローゼット、iOSAndroid)』**の開発・運営体制強化を図るとともに、姉妹ブランドの**ウェブメディア『XZ days(クローゼットデイズ)』**の開始など、さらなる事業展開を進めていきたい考えだ。

アプリ『XZ』は、着まわしコーデが発見できるファッションアプリ。世界にひとつのオンラインクローゼットを形成し、サスティナブルな循環モデルを創出して、3兆円のタンスの肥やしマーケットから300億円の「XZ経済圏」を生み出すことを目指している。

現在、ダウンロード数は43万を突破。女性ユーザーの手持ちアイテム登録は200万点、コーディネートのアイデア提案数は約60万点、Q&Aは質問数が約4万件、回答数が約12万件にも達している。

**今回の資金調達では新規投資家として、豊島のCVCファンド、IDEOとGenuine Startupsの合弁VC「D4V」、恋愛アプリのパイオニア「ボルテージ」、「メサイアキャピタル」の皆さんにご参加いただきました。「ファッション&テクノロジー」は先日のファンド設立発表以降第一号の投資先、また「ボルテージ」に関しても社外のスタートアップに投資するのは今回がはじめて、となりました。**

**豊島のファンドとは、僕らの『XZ』が持つクローゼットのビッグデータ内に含まれるブランドの数々と、豊島が持つネットワークやブランドが合致したことが大きいですね。これまでアクセスできなかった「クローゼットのビッグデータ」にアクセスできる一方で、我々としてはこのビッグデータをユーザーやブランドにとって最適な形で料理するソリューションを共に考える仲間ができたと考えています。ファッション業界において、ブランドが持つ課題は多々あります。その中でも、ブランドにとって本当に価値があるモノを、クローゼットのビッグデータという宝の山を活用していきたいです。**

**ボルテージは、3年戦略(平成29年6月期から平成31年6月期)を基にした組織改革により、複数の子会社を設立し、その代表者にボルテージの役員を置いて若手リーダーを育成する一方で、いわゆる社外にあたるスタートアップへの投資については積極的に実施していなかったイメージを持たれる方も多いと思います。実際に僕もそのイメージがありました。しかしボルテージの方々にお話を聞いてみると、若手リーダーの育成において経営者マインドや別業態のスキームからの刺激を受けることで、グループ経営を推進したいという考えをお持ちでした。またボルテージの経営陣は、僕と同じ元博報堂なんですよね。そういう縁もあって、今回の投資に至りました。**

**さらに僕らは、日本のクローゼットだけでなくて世界中のクローゼットを繋げて、世界にひとつだけのデジタルクローゼットを創りたいと考えています。プロダクトを磨き切って、足場の国内をしっかり固めながら、早期の海外進出も視野に入れています。それを実現するには「デザインの力」が大きく必要なんですよね。そこで、IDEOとGenuine Startupsの合弁VCである「D4V」にもご参加いただきました。**(STANDING OVATION社 代表取締役CEO 荻田 芳宏 氏)

今後、ユーザーに寄り添い、日常に溶け込む「ファッションの実践的なデイリーツール」へと進化させることで、ユーザーの手持ちを服を活かしたMixコーデの組合せから中古および新品アイテムの売買取引や、B2B向けのソリューションサービスも提供する予定。