不動産 x VR!リノベーション賃貸ブランド「REISM」がVR内見を開始

リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を展開するリズム株式会社は、VRで不動産物件のバーチャル内見ができるサービスを開始する。

リノベーション賃貸ブランド「REISM」を展開するリズム株式会社は、11月4日より、VRで不動産物件のバーチャル内見ができるサービスを開始する。

「REISM」は、写真だけでは伝わらない“天井の高さ“や“部屋の広がり“、“部屋の雰囲気”など、よりリアルな情報を簡単に短時間で知ることができ、かつ未完成や入居者のいる物件などのすぐに内見ができない物件も事前に内見することができるため、効率的に部屋探しできる。

今後は、VR技術でリノベーション後の様子を疑似体験させるなど、空間の使い方やインテリアの配置などの提案にも活用していく予定。なお、内見時や入居希望者向けのセミナーなどで活用していく。