不動産会社向け顧客分析&可視化サービス「KASIKA」開発のCocolive、総額5100万円を資金調達

Cocoliveは、不動産会社向け顧客分析&可視化サービス「KASIKA」の開発・提供にあたり、エボラブルアジア、ベンチャーリパブリックと、その他個人投資家を引受先とした総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表した。


Cocoliveは、不動産会社向け顧客分析&可視化サービス「KASIKA」の開発・提供にあたり、エボラブルアジア、ベンチャーリパブリックと、その他個人投資家を引受先とした総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表した。

「KASIKA」は、住まいを探す顧客の活動を分析することで潜在ニーズや最適な営業タイミングを可視化する、不動産会社向けのサービス。住宅購入の検討あるいは賃貸物件を探している顧客への最適な営業タイミングをアラートで知らせる他、登録情報からだけでは見えない潜在ニーズを、顧客のインターネット上での活動からリアルタイムに解析しグラフやランキングでわかりやすく可視化する。