ワンダーリーグ、⽇本アジア投資・D2C R・ベルロックメディアから総額9,000万円を資金調達

株式会社ワンダーリーグは、3月23日、⽇本アジア投資株式会社<東証⼀部: 8518>の運営ファンド、株式会社D2C R、株式会社ベルロックメディアを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額9,000万円を調達した、と発表した。

wonderleague

株式会社ワンダーリーグは、3月23日、⽇本アジア投資株式会社<東証⼀部: 8518>の運営ファンド、株式会社D2C R、株式会社ベルロックメディアを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額9,000万円を調達した、と発表した。なお、D2C Rとベルロックメディアとは、資本・業務提携契約も締結している。

ワンダーリーグは、「遊びを競技として楽しむ、新しいスマホゲーム文化の創造と世界発信」というミッションのもと、新しいスマホエンターテイメントを作り出すため、賞金イベント連動型ゲーム競技プラットフォーム「ワンダーリーグ」を提供している。

今回の資金調達で、同社は、ゲーム実況分野、広告ビジネス分野、海外進出分野とそれぞれの企業様と連携し、モバイルeスポーツ市場の拡大と「ワンダーリーグ」のさらなる飛躍を目指す。