レパトア解析・ネオエピトープ解析のパイオニアRepertoire Genesis、UTEC・Beyond Next VenturesからシリーズBで総額5億円を資金調達

レパトア解析/ネオエピトープ解析のパイオニアRepertoire Genesis株式会社は、大学発ベンチャーへの豊富な投資経営支援の実績をもち創業時からリード・インベスターである株式会社東京大学エッジキャピタルと、医療・ライフサイエンス領域での研究開発型ベンチャーへの投資で業界を牽引するBeyond Next Ventures株式会社を引受先として、シリーズBで総額5億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

レパトア解析/ネオエピトープ解析(TCR/BCR)のパイオニアRepertoire Genesis株式会社は、7月27日、大学発ベンチャーへの豊富な投資経営支援の実績をもち創業時からリード・インベスターである株式会社東京大学エッジキャピタルと、医療・ライフサイエンス領域での研究開発型ベンチャーへの投資で業界を牽引するBeyond Next Ventures株式会社を引受先として、シリーズBで総額5億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

Repertoire Genesisは、非バイアス遺伝子増幅技術と独自に開発した専用バイオインフォティクスソフト(Repertoire Genesis)を備えた次世代TCR/BCRレパトア解析技術を開発。

この技術は、従来の技術に比べ定量性に優れ、悪性リンパ腫や白血病細胞の検出、抗原特異的TCR/BCRの同定、免疫チェックポイント阻害剤やがん免疫療法の有効性評価などの幅広い用途に利用できる。

今回の資金調達によって、Repertoire Genesisは、免疫多様性解析のさらなる質の向上や応用利用を推進し、免疫系に作用する治療薬および診断薬の開発基盤技術を提供することで、「患者さん一人ひとりに最適な医療を実現する」というミッションを具現化するために勢力的に研究開発・事業展開に取り組んでいきたい考えだ。