レアジョブ英会話、法人向けサービス導入企業1,000社を突破

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、法人向けサービス導入企業数が1,000社を突破したことを発表。また、突破を記念して開催する「レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています」の第一弾として、法人向け記念企画を開始する。

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ](https://www.rarejob.com/){: target=”_blank”}は、[10月27日、法人向けサービス導入企業数が1,000社を突破したことを発表。また、突破を記念して開催する「レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています」の第一弾として、法人向け記念企画を開始する。

レアジョブ英会話は、2009年より法人向けサービスを提供開始し、この度導入企業数が1,000社を突破した。これまで、企業の海外進出や組織内での外国人人材活用など、企業を取り巻く環境のグローバル化は加速しており、特に2012年頃からは景気回復の影響を受け、企業向け研修・人材育成マーケットは拡大傾向で推移し、「社員の英語力向上」に向けても積極的に取り組む企業が増えている。

導入企業動向を見ると、英語研修の目的として、「海外顧客の売上高向上」を置く企業が最も多く、事業へのインパクトをより明確に想定して実施をする傾向にある。

またレアジョブでは、時間・場所を選ばず、大量に話す機会を提供できるオンライン英会話サービスを中心として「成功する英語研修」をコンセプトにサービスを提供開始。

これにより、通学型・集合研修からの切替で導入する企業が4割を超え、1,000社以上の企業に採用されるまでに成長した。

今回「法人向けサービス導入1,000社突破記念企画」として、レアジョブでは、研修の目標設定や現状把握など、英語力可視化のために利用される「レアジョブ・スピーキングテスト」の合計1,000名への無料提供キャンペーンや、「外国人との協働」をテーマにしたセミナー等を開催する。