リクルート系シニア向け旅行・宿泊予約「ゆこゆこ」、福岡キャピタル・静岡キャピタルなど地銀連合4社から約200億円で買収

リクルートホールディングスの完全子会社でシニア層向けの旅行予約サイト運営や温泉情報誌の発行などを行っている株式会社ゆこゆこは、ユニゾン・キャピタル株式会社、株式会社福岡キャピタルパートナーズ、静岡キャピタル株式会社、株式会社電通が約200億円で買収されることを明らかにした。

リクルートホールディングスの完全子会社でシニア層向けの旅行予約サイト運営や温泉情報誌の発行などを行っている株式会社ゆこゆこは、7月27日、ユニゾン・キャピタル株式会社、株式会社福岡キャピタルパートナーズ、静岡キャピタル株式会社、株式会社電通が約200億円で買収されることを明らかにした。

今回の買収で、ユニゾン・キャピタル株式会社、株式会社福岡キャピタルパートナーズ、静岡キャピタル株式会社、株式会社電通は、新たに4社が共同出資して新会社を設立し、新会社が8月末を目処にゆこゆこの全株式を取得し、9月から新たな体制で事業運営を開始する予定。

リクルートは、販促メディア事業の旅行分野におけるシニア層宿泊予約マーケット獲得を目的として、2006年にゆこゆこを子会社化。現在、シニアカスタマーを中心とする当社の登録者数は 650 万人(2015年12月末)以上。

今回の買収によって、ゆこゆこは、新パートナーである4社からの経営面、資金面等での支援を受けることで、これまで以上に広範なサービスを、高品質で提供できるようになるという。