ライフネット生命保険、2016年度第2四半期の支払実績は1,483件

ライフネット生命保険株式会社は、10月17日、2016年度第2四半期(2016年7月~9月)の保険金等の支払状況を発表した。2016年4月から9月までに支払った保険金等は33件、給付金2,856件の合計2,889件、支払不可事由に該当すると判断した件数は、保険金4件、給付金104件の合計108件という結果になった。

ライフネット生命保険株式会社は、10月17日、2016年度第2四半期(2016年7月~9月)の保険金等の支払状況を発表した。

それによると、2016年度第2四半期に支払った保険金等は、保険金10件、給付金1,473件の合計1,483件となった。また、支払不可事由に該当すると判断した件数は、保険金1件、給付金64件の合計65件だった。

これより、2016年4月から9月までに支払った保険金等は33件、給付金2,856件の合計2,889件、支払不可事由に該当すると判断した件数は、保険金4件、給付金104件の合計108件という結果になった。

ライフネット生命保険では、「ライフネットの生命保険マニフェスト」において、生命保険会社の最も重要な社会的責務である保険金等の支払いを「正確に、遅滞なく」実行することを目指すとともに、保険金等の支払いに必要な書類の会社到着から原則「5 営業日以内」に、指定口座に保険金等を支払っている。実際、2016年4月から9月までの平均支払所要日数(営業日)は、2.55日だ。

さらに、2016年3月から、医療保険の給付金請求手続きをオンラインで完結させる「スマ速請求」を開始。

「スマ速請求」は、医療保険の給付金請求手続きにおいて、従来お客さまに郵送で提出する必要があった書類を、スマホなどで撮影し、そのまま画像をアップロードすることで提出できるサービス。