ライフサイエンス・医療のAI・画像解析ソリューション、東大発ベンチャーLPixelがジャフコ・Mistletoe・東レエンジニアリングから総額7億円を資金調達

ライフサイエンス領域の人工知能・画像解析ソリューションを提供するエルピクセル株式会社は、本日(10月24日)、株式会社ジャフコが運営管理する投資事業組合、Mistletoe株式会社、東レエンジニアリング株式会社、個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額7億円の資金調達を実施した、と発表。

ライフサイエンス領域の人工知能・画像解析ソリューションを提供するエルピクセル株式会社は、本日(10月24日)、株式会社ジャフコが運営管理する投資事業組合、Mistletoe株式会社、東レエンジニアリング株式会社、個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額7億円の資金調達を実施した、と発表。

エルピクセルは、東京大学の画像解析に精通した生命科学の研究者が中心となって、2014年3月に設立した技術ベンチャー企業。主に、国内研究機関や医療機関向けの画像解析ソリューションの受託開発を行ってきた。

今回の資金調達によって、エルピクセルは、ライフサイエンス研究の高度化・高速化を支援する「IMACEL」などの自社製品や、癌などの疾患を高精度で検知する画像診断ソリューションの研究開発強化、ならびに海外を含めた積極的な事業展開を進めていきたい考えだ。

また今回の資金調達にあわせて、東レエンジニアリングとは、人工知能を活用した画像解析技術の研究開発に関する包括提携契約を締結した。これにより、細胞などの生物の工業製品化を見据え、双方の強みを活かしながらライフサイエンス画像解析技術の開発や実用化に取り組む。