ヤフーとYJキャピタル、データ・セキュリティ領域特化型新ファンド「YJテック投資事業組合」を組成

ヤフー株式会社<東証一部: 4689>は、ヤフー株式会社と100%子会社であるYJキャピタル株式会社でYJテック投資事業組合を組成し、ヤフー株式会社からYJテックに出資をするを決定した、と発表した。

DESCRIPTION

ヤフー株式会社<東証一部: 4689>は、5月17日、ヤフー株式会社と100%子会社であるYJキャピタル株式会社でYJテック投資事業組合を組成し、ヤフー株式会社からYJテックに出資をするを決定した、と発表した。

今回の新ファンドの組成について、ヤフーとYJキャピタルは、投資対象をデータ・セキュリティ領域としたYJテック投資事業組合を組成し、両社から出資を行う。

今回の新ファンドの設立によって、ヤフーとYJキャピタルは、技術が急速に進化・多様化しているデータやセキュリティの領域において、グローバル なスタートアップ企業への投資を通じて世界の最先端の知見やトレンドを取り込むことを目指し、さらに、将来的には投資先から得た知見の当社事業への活用や、投資先や投資活動を通じたその他外部との連携も視野に入れていきたい考えだ。

なお、YJテック投資事業組合の受入出資金の額は、2016年5月末時点で35億円だという。