Kikとヤフーが業務提携!6,000以上のチャットボットを開始

チャットネットワーク「Kik」を運営する、米国のKik Interactiveは、ヤフーと業務提携を締結し、ヤフーの中でも人気のコンテンツであるヤフーウェザーとヤフーニュースをKikのチャットボットショップで利用できるようにチャットボットサービスを開始した、と発表した。なお、Kikは、2016年4月のチャットボットショップのリリース以降、6,000以上のチャットボットをボットショップで紹介しているとのこと。

DESCRIPTION

チャットネットワーク「Kik」を運営する、米国のKik Interactiveは、6月7日、ヤフーと業務提携を締結し、ヤフーの中でも人気のコンテンツであるヤフーウェザーとヤフーニュースをKikのチャットボットショップで利用できるようにチャットボットサービスを開始した、と発表した。

ヤフーのチャットボットを使えば、Kikユーザーはメッセンジャーアプリの中での会話を通じてコンテンツを発見したり検索できる。ヤフーニュースのチャットボット@yahoonews](https://bots.kik.com/#/yahoonews){: target=”_blank”}では、ユーザーは自分が興味のあるニュースを発見したり、深掘りできる。ヤフーウェザーのチャットボット[@yahooweatherでは、温度や天気情報などの情報を提供するだけではなく、簡単にそれらをシェアできる。

ヤフーは、さらに、Kikのチャットボットプラットフォームで「MonkeyPets」と呼ばれるチャットボット@monkeypetsをつかって、遊び心のある絵文字を使った会話を通じて新しいユーザー体験を提供することも明かしている。

今回の業務提携を通じて、ヤフーは、Kikのチャットボットプラットフォームの中で現時点で最大のパブリッシャーの一つとなった。

なお、Kikは、2016年4月のチャットボットショップのリリース以降、6,000以上のチャットボットをボットショップで紹介しているとのこと。