モバイルファクトリーとフォアキャスト・コミュニケーションズが協業!位置ゲーム 「ふなっしーのおさんぽ日和」LINEのBOTアカウント開設

株式会社モバイルファクトリーは、10月13日、株式会社フォアキャス ト・コミュニケーションズと協業して、位置情報連動型ゲーム「ふなっしーのおさんぽ日和」のLINEのBOTアカウントを開設したことを発表した。

株式会社モバイルファクトリーは、10月13日、株式会社フォアキャス ト・コミュニケーションズと協業して、位置情報連動型ゲーム「ふなっしーのおさんぽ日和」のLINEのBOTアカウントを開設したことを発表した。

「ふなっしーのおさんぽ日和」は、位置情報を利用して、日本を約10,000以上に区分けしたエリアを探検することで、スタンプラリーをす るように日本を巡ることができるゲーム。

また、ふなっしーと一緒に「梨の木」を栽培。手に入れた 不思議な果物「ナッシード」を使って、ふなっしーの育成もできる。エリアは探検し栽培することで 選んだチームの色に塗り変えることもでき、日本全国でエリアをめぐってのチーム戦が繰り広げられる。ゲーム内にはオリジナルのふなっしーも多数登場。可愛らしいふなっしー達のコレクション要素も本 アプリの魅力だ。

「ふなっしーのおさんぽ日和BOT」は、ふなっしーとLINE上で会話できる他に、天気予報を教えたり、山手線ゲームの相手をしたり、多彩な機能を搭載する。

使い方は、LINEで「ふなっしーのおさんぽ日和」を友だち登録すると、トークルームにてメッセージのやり取りが可能となる。スマートフォンで下記のQRコードを読み取るか、「友だち」ページで「ふなさんぽ」で検索して登録できる。

今後の展開について、モバイルファクトリーは、「感動を持ち歩け。」というブランドメッセージのもと、いつでもどこで も楽しめるサービスの提供を目指す、としている。また、ゲームに位置情報要素を加えた「位置情報連動型ゲー ム」を活用してユーザーの「移動」を促進し、O2O による地域振興を積極的に行う、とのこと。