メルカリ、シリーズDで約84億円調達…日本初のユニコーン企業誕生

フリマアプリ「メルカリ」を提供する株式会社メルカリは、3月2日、シリーズDで約84億円を調達した、と発表した。今回のラウンドは、D種優先株式の発行で実施された。今回のラウンドには、三井物産株式会社、株式会社日本政策投資銀行、ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合などが参加した。

mercari
フリマアプリ「メルカリ」を提供する株式会社メルカリは、3月2日、シリーズDで約84億円を調達した、と発表した。今回のラウンドは、D種優先株式の発行で実施された。

今回のラウンドには、三井物産株式会社、株式会社日本政策投資銀行、ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合が新規投資家として参加し、既存投資家ではグロービス・キャピタル・パートナーズ、World Innovation Lab(WiL)、グローバル・ブレイン、経営陣が参加した。

同社は、2013年に設立された会社。実際のフリーマーケットのように、出品者はスマートフォンのカメラを使い簡単に出品でき、購入者はそれらを安全に買い物できるスマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」を提供する。

同社によれば、同アプリのダウンロード数は日本と米国を合わせて3,200万ダウンロード。ダウンロード数の内訳は、日本が2,500万、米国が700万、とのこと。また、月間流通額は日本のみで100億円を超えている、という。

アプリビジネスを支援する米国のApp Annieが公開するダウンロードランキング推移データをみると、日本・米国のショッピングカテゴリで安定的に上位にランクインしていることがわかる。(以下、App Annieが公開する「メルカリ」の日本App Store無料ランキング推移データ、「Mercari」の米国App Store無料ランキング推移推移データを参照)

mercari_JP_appstore

mercari_US_appstore

また、今回のラウンドで、資金調達額は累計約126億円となった。企業評価額は明かされていないが、中国のEC企業でモバイル経由の流通を伸ばしているBeibeiは、2015年1月、累計資金調達学1億2,440万ドル(約141億2,200円)で企業評価額が10億ドル(約1,135億2,000万円)で、今回のメルカリの累計資金調達学規模と非常に近い。つまり、日本初のユニコーン企業が誕生した、と言えるだろう。

今回の資金調達により、同社は、国内外での投資及び事業運営実績が豊富なパートナーの支援を得ることで、事業成長を加速していきたい考えだ。