メドピア、クックパッドダイエットラボを子会社化

メドピア株式会社は、株式会社クックパッドダイエットラボの株式を取得し、子会社化することについて決議したことを発表。

メドピア株式会社は、9月26日、2016年9月26日開催の取締役会における決議により、株式会社クックパッドダイエットラボの株式を取得し、子会社化することについて決議したことを発表。

メドピアは「Supporting Doctors, Helping Patients.」をミッションに掲げ、10万人以上の医師が参加する医師専用のコミュニティサイト「MedPeer」上で医師が臨床現場で得た知見を「集合知」として共有することで、医師の診療を支援している。

一方、クックパッドダイエットラボは「正しく食べてやせる」をコンセプトとして、約1,500人の管理栄養士ネットワークを活用した、管理栄養士によるパーソナルダイエット指導が受けられるコンシューマー向けの事業や、健康保険組合や企業向けの特定保健指導事業を展開している。

今回の株式取得によって、メドピアは、食のスペシャリストである管理栄養士ネットワークを組み合わせることで、より多角的なサービスを提供し、医療・ヘルスケア全体を通じた総合的なサービス開発をこれまで以上に推進していきたい考えだ。これにより、医師ネットワークを活用した遠隔医療サービスなどコンシューマー向けの支援へと事業拡大を図ることを目指す。