メタップス、民泊関連サービス提供「VSbias」を子会社化

株式会社メタップスは、VSbias株式会社の株式取得、及び完全子会社化を決定したことを発表した。

株式会社メタップスは、8月4日、2016年7月27日開催の取締役会において、VSbias株式会社の株式取得、及び完全子会社化を決定したことを発表した。

VSbiasは、2015年11月に設立された会社。「テクノロジーを用いた”空間価値の最大化”」をビジョンに、時代に合ったプロパティマネジメントノウハウを確立することで、不動産業界に新しいルールを作ることを目指す。

VSbiasでは、物件選定から物件運用までワンストップで提供する「エアリノベ」を中心に、コンサルティング事業・運用代行事業・PMS事業など不動産会社・個人オーナーが保有する物件の収益化を支援するサービスを提供している。

今回の買収によって、VSbiasは、マーケティングから決済まで不動産関連事業をトータルで支援できる体制の強化を推進していきたい考えだ。また、業務の自動化、データの活用などを視野に入れ、さらなる事業の発展や顧客満足の向上を目指す。