メタップス、ペイデザインを完全子会社化

株式会社メタップス<東証マザーズ: 6172>は、ペイデザイン株式会社の株式取得及び完全子会社化した、と発表した。

metaps

株式会社メタップス<東証マザーズ: 6172>は、4月15日、4月14日開催の取締役会においてペイデザイン株式会社の株式取得及び完全子会社化した、と発表した。

近年、スマートフォンを活用した決済や資産運用、ビッグデータ、人工知能(AI)などの最新技術を駆使した金融サービスを意味するフィンテックが世界で注目されている。

メタップスグループの展開するオンライン決済プラットフォーム「SPIKE」は、「テクノロジーでお金のあり方を変える」をビジョンに、EC事業者様への包括的なサポートを目的としており、決済・電子マネー・マッチングなど様々なサービスを提供している。登録アカウント数は、サービス開始から20ヶ月の2016年1月時点で約20万以上。メタップスによれば、「SPIKE」を含め、オンライン決済の市場は今後も拡大が見込まれる成長市場であり、事業拡大を加速化するために、事業領域の強化を積極的に推進していきたいとのこと。

一方、ペイデザインは、EC決済事業に加え、リアル店舗決済事業、家賃決済事業、電子マネー事業等、幅広いサービスを提供し、お客様のニーズに沿った安心・便利なサービス展開をしている。また、これまで堅調に事業を拡大しており、成長を遂げている。

なお、メタップスは、今回の株式取得について、

今回、両社の連携により「SPIKE」を基盤に登録アカウント25万件、グループ年間取扱高1,000億円を超える決済プラットフォーム規模へ拡大いたしました。今後さらにこの基盤を活かし、決済プラットフォームとしての競争力強化や、付加価値向上の実現に取り組んでまいります。また、オンライン決済の市場における事業拡大・開発への取り組みを強化さらなる事業の発展や顧客満足の向上を目指してまいります。

と述べており、『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支援する頭脳になる』というビジョンのもと、「metaps」と「SPIKE」を中心にサービスの拡充と企業価値の向上を進めていきたい考えだ。