ミレニアム世代のための与信管理「Aire」、シリーズBで約2億円を資金調達

英国・ロンドンの与信管理を行うフィンテックスタートアップ「Aire」は、シリーズBで200万ドル(約2億円)の資金調達を実施した。

英国・ロンドンの与信管理を行うフィンテックスタートアップ「Aire」は、シリーズBで200万ドル(約2億円)の資金調達を実施した。

今回のラウンドは、White Star Capitalがリードで、Sunstone Capital、Accion Venture Labが参加した。

Aireは、Aneesh Varma氏によって設立された会社。Aireでは、特に若年層であるミレニアム世代、自営業の人、海外出張や海外旅行に行く人を対象とした、金融商品を購入する際に必要不可欠な新しい与信管理サービスを提供する。すでに、英国の金融行為監督機構(Financial Conduct Authority、FCA)の認可を受けており、機械学習をつかったアルゴリズムをいかし、応募者の与信管理情報をスコアリングしている。

今回の資金調達によって、Aireは、さらなる事業拡大に向けて、事業開発を進めるとともに、業務提携を推進していきたい考えだ。