マーケティングプラットフォーム「b→dash」運営のフロムスクラッチ、総額約32億円を資金調達

マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を行うフロムスクラッチは、産業革新機構、Rakuten Ventures Japan fund、既存株主などを割当先とする第三者割当増資等により、総額約32億円の資金調達を完了した、と発表した。


マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を行うフロムスクラッチは、産業革新機構、Rakuten Ventures Japan fund、既存株主などを割当先とする第三者割当増資等により、総額約32億円の資金調達を完了した、と発表した。

同社は、これまでに北米を主な活動拠点とするDraper Nexus Venture Partnersをはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズや電通デジタル・ホールディングス、グローバルブレイン、日本ベンチャーキャピタルらから約13億円の資金調達を実施。今回の資金調達で、2014年10月の「b→dash」リリース以降、累計調達総額は約45億円となった。

「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に取得、統合(プライベートDMP/DWHほか)、活用(MA/CCCM/レコメンド/WEB接客ほか)、分析(アナリティクス/BIほか)できる、SaaS型のマーケティングソリューション。

今回の資金調達により、機械学習をはじめとした人工知能技術、データ統合基盤、さらにデータ高速処理技術の開発強化を行い、「b→dash」の更なる開発強化を進める。

具体的には、今後、データ統合基盤や処理エンジンの開発強化に加え、「b→dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータに機械学習をはじめとする人工知能技術を活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューション開発を加速させていく、という。