マンションマーケット、インキュベイトファンドなどから総額約2億円を調達

マンション売却仲介専門の「ネット不動産」サービスを展開する、株式会社マンションマーケットは、インキュベイトファンド、株式会社インベスターズクラウド、みずほキャピタル株式会社、元クックパッドCOOで個人投資家の山岸延好氏を引受先とする、総額約2億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

MANSION MARKET
マンション売却仲介専門の「ネット不動産」サービスを展開する、株式会社マンションマーケットは、3月29日、インキュベイトファンド、株式会社インベスターズクラウド、みずほキャピタル株式会社、元クックパッドCOOで個人投資家の山岸延好氏を引受先とする、総額約2億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

同社は、2014年、カジュアルな住まい選択ができる世の中を目指して設立された会社。マンションの売却を希望するユーザー(売主)を対象とし、オンライン上で売却活動をサポートするサービス「マンションマーケット」を運営する。現在、東京23区を対象に約2万9千棟以上のマンションの相場価格(資産価値)を閲覧できる。

MANSION MARKET1

また、定額49万8,000円(税抜き)のリーズナブルな仲介手数料で売却をすることもできる。これにより、インターネット上で実施する物件の査定から、担当社員である「売却コンサルタント」による売却活動まで、ITを活用し、売主のマンション売却まで一連の流れをフルサポートする。

今回の資金調達によって、同社は、さらなるサービスの拡充を目指すとともに、ITを駆使した新しい不動産取引の発展に寄与していきたい考えだ。