マネーフォワード、総額11億円を資金調達…みずほFGおよび三越伊勢丹グループと業務提携

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワードは、本日、株式会社みずほフィナンシャルグループと新たに業務提携契約を締結し、株式会社三越伊勢丹ホールディングスと業務提携の検討を開始したことを発表した。

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワードは、本日(10月5日)、株式会社みずほフィナンシャルグループと新たに業務提携契約を締結し、株式会社三越伊勢丹ホールディングスと業務提携の検討を開始したことを発表した。

マネーフォワードとみずほFGは、2015年より、複数のサービス連携を実施。今回の業務提携によって、両社間での取組みを更に加速させ、新サービスの共同開発によるユーザー利便性の更なる向上、法人向けサービス(MFクラウドシリーズ)・PFM(Personal Financial Management)サービス領域における協業の検討・推進や銀行API (アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の活用促進の検討などを進める。

一方、三越伊勢丹グループとは、同社のカード事業や百貨店事業が有するユーザー、ならびにマネーフォワードのPFMサービス利用者に対する新たな付加価値提供に向けた具体的な業務提携の検討を開始する。これにより、Fintechを活用した施策を共同で推進していきたい考えだ。

加えて、みずほキャピタル株式会社が運営する「みずほFinTechファンド」、株式会社三越伊勢丹イノベーションズを引受先とする第三者割当増資を実施し、既存株主であるFenox Venture Capitalによる今後のグローバル展開を見据えた追加出資、資本業務提携先である株式会社東邦銀行による追加出資、業務提携先である株式会社北洋銀行、株式会社群馬銀行、株式会社福井銀行、株式会社滋賀銀行等を引受先とする第三者割当増資の実施を完了したことも明らかにした。

これにより、マネーフォワードは、今回の第三者割当増資と金融機関からの借入をあわせ、総額約11億円の資金調達を完了したという。