マネーツリー、既存投資家のみずほキャピタルや、SBIインベストメント、地方銀行系VC、海外大手運用会社などから総額10億円を資金調達

マネーツリーは、2015年のシリーズAで出資したみずほキャピタル、 SMBCベンチャーキャピタル、および米セールスフォース・ドットコムの投資部門であるセールスフォースベンチャーズに加え、SBIインベストメント、ふくおかテクノロジーパートナーズ、広島ベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル、英大手運用会社ベイリー・ギフォード・アンド・カンパニーより、総額10億円以上を資金調達したと発表。


マネーツリーは、2015年のシリーズAで出資したみずほキャピタル、 SMBCベンチャーキャピタル、および米セールスフォース・ドットコムの投資部門であるセールスフォースベンチャーズに加え、SBIインベストメント、ふくおかテクノロジーパートナーズ、広島ベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル、英大手運用会社ベイリー・ギフォード・アンド・カンパニーより、総額10億円以上を資金調達したと発表

今回の資金調達は、世界中で急速な発展を遂げている「フィンテック」市場における、 マネーツリー のさらなる事業拡充、B2Cサービスの機能向上、金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を中心としたB2B事業拡大および組織力の強化を目的としたもの。また、ベイ リー・ギフォード・アンド・カンパニーから資金調達することで、今後の海外展開の布石ともなるという。

今回の資金調達によって、既に多くのユーザーから支持を得ている個人資産管理アプリ 「Moneytree」、経費精算の簡略化を支援する「Moneytree Work 経費精算」、経費精算機能に加えモバイルでも法人口座閲 覧が行える「Moneytree Work 法人口座」に新たな機能搭載も実施していく予定。

今後、マネーツリーはB2B事業にさらに力を入れていくという。MT LINKは、サービス公開2年で既に20社の金融・会計ソフト業界の企業から採用。主な導入企業は、金融分野から、みずほ銀行、三井住友銀行などのメガバンクや地方銀行、会計分野から10社の会計ソフトウェア会社。

なお、MT LINKの理解を促進させるためにウェブサイトをリニューアルしたという。