マイクロソフトの競合!オーストラリアの「Canva」のバリュエーションが1年で2倍の約350億円

オーストラリア・シドニーのオンライングラフィックデザインプラットフォーム「Canva」は、新たに1,500万ドル(約15億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、バリュエーション(企業評価額)は、1年前に実施されたシリーズAの1億6,500万ドル(約168億円)から2倍以上跳ね上がり、3億4,500万ドル(約350億円)となった。

オーストラリア・シドニーのオンライングラフィックデザインプラットフォーム「Canva」は、9月14日、新たに1,500万ドル(約15億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達で、バリュエーション(企業評価額)は、1年前に実施されたシリーズAの1億6,500万ドル(約168億円)から2倍以上跳ね上がり、3億4,500万ドル(約350億円)となった。

今回のラウンドには、既存投資家で、シドニーのBlackbird Ventures、シリコンバレーのFelicis Venturesが参加した。

今回の資金調達で、資金調達額は累計約4,200万ドル(約43億円)となった。

Canvaの投資家には、脚本家で「アルマゲドン」「ナイトミュージアムシリーズ」などにも出演するハリウッドスターのオーウェン・ウィルソン氏、Google Mapsの共同創業者Lars Rasmussen氏、500 StartupsのパートナーDave McClure氏らが名を連ねる。

Canvaの共同創業者兼CEOのMelanie Perkins氏によれば、2015年の売上が急成長に増加したことで、シリーズAで調達した1,500万ドル(約15億円)の資金にはまだ手をつけていない状態だという。

Canvaは、2011年に設立された会社。グラフィックデザイナーでなくても、シンプルで簡単な操作で、グラフィックデザイナーのような誕生日カードやスライドなどを作成できる。

Canvaでは、直近12か月で、ユーザー数は150万から1,000万以上に増加し、Yelpやハフィントンポストなど5万社に利用されている。

9月4日〜9月10日の1週間で、1日あたりのユーザー登録数は5万人、Canva社には新たに8名がジョインした。加えて、Canvaのアプリダウンロード数は、初月で50万以上。

Canvaは、シリーズAの1,500万ドル(約15億円)と今回新たに調達した1,500万ドル(約15億円)の合計3,000万ドル(約30億円)の資金を、今後12〜18か月でさらなる事業拡大を目指すために使っていきたい考えだ。これにより、マイクロソフトのMS Officeのように、国境を越えたグローバルなツールとして存在感を強めていく。