ペットヘルスケアIoT「ハチタマ」運営のペットボードヘルスケア、森永製菓などから資金調達

ペットボードヘルスケアは、森永製菓、第一勧業信用組合の運営するかんしん未来ファンド、アクトコール、ゼロワンブースター(01booster)を引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施したと発表。また、日本政策金融公庫より資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)による資金調達も行ったことを明らかにした。


ペットボードヘルスケアは、森永製菓、第一勧業信用組合の運営するかんしん未来ファンド、アクトコール、ゼロワンブースター(01booster)を引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施したと発表。また、日本政策金融公庫より資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)による資金調達も行ったことを明らかにした。

今回の資金調達によって、ペットボードヘルスケアは、経営基盤を強化し、ペットヘルスケアIoTサービス「hachi tama(ハチタマ)」事業の展開を加速していきたい考えだ。なお、今後、各社それぞれが持つ経営リソースを「ハチタマ」と組み合わせ、事業展開の加速させていくという。

「ハチタマ」は、ペットの健康と食事を見守るIoTデバイスとアプリ、認定オーガニックペットフードなどで構成されるペットヘルスケアサービス。同社では、「ハチタマ」を通じて、適切な食生活を実現し、健康促進を図ることで、ペット医療費の低減を目指している。