ブランド品委託販売のretro、iSGSとみずほキャピタルから資金調達

中古の高級ブランド品・宝飾品の委託販売サイト「retro.jp」を運営する株式会社retroは、株式会社iSGSインベストメントワークス、みずほキャピタル株式会社が運営するファンドと、既存株主を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

株式会社retroは、7月27日、株式会社iSGSインベストメントワークス、みずほキャピタル株式会社が運営するファンドと、既存株主を引受先とする第三者割当増資を、2016年7月21日付で実施したことを発表した。

今回の資金調達について、retroは、2015年6月の資金調達から6倍以上に拡大した売上と確立したビジネスモデルが評価され、今回の資金調達に至ったという。

retro.jpは中古の高級ブランド品・宝飾品を、委託で販売。「買い取り店」に持って行ったが査定金額に満足できなかったユーザーが出品しており、芸能人やスポーツ選手なども利用。

また、retro.jpは、インターネットを使った委託取引のため、店舗運営費を減らすことで一般的な買取店よりも高額の還元率を実現できる。

今回の資金調達によって、retroは、中古ブランド品の委託販売サイト「retro.jp」の人材採用を積極的に進め、働きがいのある会社を目指していきたい考えだ。