フランス最大通信事業者Orange、ナイジェリアのAfrica Internet Groupに約92億5,000万円を出資

フランス最大の通信事業者Orangeは、アフリカ・ナイジェリアのAfrica Internet Group(AIG)に7,500万ユーロ(約92億5,000万円)を出資した、と発表した。今回の資金調達にともない、OrangeとAfrica Internet Groupは、戦略的業務提携を締結している。

orange

フランス最大の通信事業者Orangeは、4月5日、アフリカ・ナイジェリアのAfrica Internet Group(AIG)に7,500万ユーロ(約92億5,000万円)を出資した、と発表した。

Africa Internet Groupは、3月にGoldman Sachs、南アフリカの通信企業MTNとドイツのRocket Internetから総額2億2,500万ユーロ(約277億8,800万円)を調達している。(参照記事:ナイジェリアのAfrica Internet Group、約300億円調達…バリュエーションは前回の2倍

今回の出資で、Orangeは、Africa Internet Groupの投資家チームAXA、Goldman Sachs、MTN Group、Millicom、Rocket Internetとともに、Africa Internet Groupを支援する。

Africa Internet Groupは、2012年にナイジェリアで「Jumia」をリリース以降、急成長し続けている。現在、アフリカ23カ国で10種のEC事業を運営している。

aig

さらに、同社は、アフリカの地元企業5,000社と世界各国の企業をつないでおり、アフリカのEC市場に大きく貢献している。

「Jumia」は、アフリカの文化に合わせてローカライズした「アフリカのAmazon」。当時、アフリカの国々では、欧米と異なり、クレジットカードやオンラインショッピングが普及していなかった。

aig1

そこで、「Jumia」は、代引き支払いの導入や、配送・集金を直接配達するなど、アフリカの文化に合わせたシステムを開発した。これが、多くのアフリカの国々で受け入れられ、急成長することとなった。

なお、「Jumia」は、3月29日にリリースから4周年を迎えている。現在、アフリカ11カ国で利用されている。

その他に、Africa Internet Groupでは、ECマーケットプレイス「Kaymu」、フードデリバリー「Hellofood」、ホテル予約「Jovago」、オンラインクラシファイド「Vendito」、不動産サービス「Lamudi」、HRサービス「Everjobs」、自動車サービス「Carmudi」などを運営する。

aig2

また、今回の資金調達にともない、OrangeとAfrica Internet Groupは、戦略的業務提携を締結している。

これにより、Orangeは、アフリカ市場における事業拡大を加速するために、Africa Internet Groupが運営するJumiaをはじめとした事業を支援していきたい考えだ。