ファンコミュニケーションズ、連結子会社エイトクロップスを吸収合併

株式会社ファンコミュニケーションズは、10月21日開催の取締役会で、連結子会社である株式会社エイトクロップスを吸収合併することを決議した。これにより、グループの経営と組織運営の効率化を図りたい考えだ。

株式会社ファンコミュニケーションズは、10月21日開催の取締役会で、連結子会社である株式会社エイトクロップスを吸収合併することを決議した。これにより、グループの経営と組織運営の効率化を図りたい考えだ。

合併方式は、ファンコミュニケーションズを存続会社とする吸収合併方式で、エイトクロップスは解散する。なお、効力発生日は2017年1月1日。