ピクスタ、タイに子会社を設立…タイでの販売・マーケティングを強化へ

写真・イラスト・動画素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」を運営するピクスタ株式会社は、タイに子会社を設立することを決定。タイ現地法人となる子会社はPIXTA (THAILAND) CO., LTD、資本金200万タイバーツ(約600万円)で、2016年12月に設立予定。

写真・イラスト・動画素材のマーケットプレイス「[PIXTA(ピクスタ)]( https://pixta.jp){: target=”_blank”}」を運営するピクスタ株式会社は、11月11日開催の取締役会において、タイに子会社を設立することを決定。タイ現地法人となる子会社はPIXTA (THAILAND) CO., LTD、資本金200万タイバーツ(約600万円)で、2016年12月に設立予定。

タイは、国を挙げてデザインへの投資を推奨していることもあり、東南アジアの中でも特にデザイン・クリエイティブへの関心が高い国。

ピクスタでは、2013年にシンガポールに現地法人を設立し、東南アジアを中心とした海外展開業務を実施。また、タイの現状の広告市場規模と今後の成長可能性に着目し、2016年2月にPIXTAタイ語版サイトを開設していた。

今回の子会社設立によって、タイでの販売・マーケティング活動をより強化していきたい考えだ。