ビジネスSNSのウォンテッドリー、AI・ロボティクス分野向けシード投資の「Wantedly AI/Robot Fund」を開始

プロジェクトとしてのシード投資を強化。

ロボット、AI分野への投資ファンドで日本発を救う

ビジネス SNS「Wantedly」のウォンテッドリーがAI やロボティクス分野で技術開発・事業を行う企業に出資するプロジェクト「Wantedly AI/Robot Fund」を開始した。

現在のスタートアップ界隈で、かなりシード投資、エンジェル投資は昔に比べ増えた。
しかし、株式会社gumiのVR領域のように、AI、Robot分野に特化する、と明言したものは少ない。

日本発のベンチャーでロボティックスというと、googleに買収され、ソフトバンクに譲渡されたシャフトが思い浮かぶ。
日本発で戦えた実績のある分野の救出のきっかけになるかもしれないプロジェクトである。

「Wantedly AI/Robot Fund」開始の背景

 創業期のスタートアップ、特に技術主導型の企業は、事業化前の段階でいわゆる「死の谷」を越えられない企業向けに、ゼロからプロダクトを立ち上げ、事業化に繋げていき乗り越え、創業・経営経験を持つ経営者・投資家から多くのアドバイスをもらった経験をもとに、知見やネットワークを積極的に還元する。

以下その概要である。

【Wantedly AI/Robot Fund 概要】
主な出資対象 AI(人工知能)分野、ロボティクス分野において技術や事業の研究/開発/提供を行うシード期のスタートアップ
出資規模 1 件あたり数百万円から数千万円程度を予定
当社による主な支援内容
・シード期の資金提供および次ラウンド以降の資金調達支援
・経営、事業開発、プロダクト開発、組織開発に関するノウハウ提供、
 メンタリング
・当社サービスの一定期間割引/無料提供
・当社サービスとの連携
出資に関するお問い合わせ先 fund@wantedly.com

日本には各大学にロボットの研究をする研究室もいくつかある。
ここから新しいロボティクスが現れていくことを楽しみにしよう。

ウォンテッドリー株式会社

本社所在地:東京都港区白金台 5-12-7 MG 白金台ビル 4F
代表取締役:仲 暁子
設立         :2010年9月