ビジネス版LINE「Works Mobile」、社内業務のオートメーションとスピードアップを促す「Works Mobile Bot API Platform」ベータ版を提供開始

ワークスモバイルジャパン株式会社は、ビジネス版LINE「Works Mobile」サービスにおいて、チャット bot 開発を可能にする「Works Mobile Bot API Platform」ベータ版サービスの提供を開始することを発表。

ワークスモバイルジャパン株式会社は、9月27日、ビジネス版LINE「Works Mobile」サービスにおいて、チャットbot開発を可能にする「Works Mobile Bot API Platform」ベータ版サービスの提供を開始することを発表。

「Works Mobile Bot API Platform」とは、Works Mobileの利用ユーザーと対話型コミュニケーションを可能にするチャットbotを開発するためのAPI。特定のユーザーを指定してのメッセージ送信も可能なので、システムからの一斉通知などにも使える。

なお、ベータ版サービスの利用に事前登録は不要で、Works Mobileの利用者であれば追加費用無しで利用できる。