ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」、グロービス・KDDI・SMBCなどから総額11億円を資金調達…2016年の流通総額は100億円へ

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」を運営する株式会社クリーマは、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズなどから総額11億円の資金調達を実行した、と発表した。クリーマによれば、2016年の「Creema」における流通総額は通期100億円の見込み。

Creema1

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema](http://www.creema.jp/){: target=”_blank”}」を運営する株式会社クリーマは、[本日(5月25日)、総額11億円の資金調達を実行した、と発表した。

今回のラウンドは、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズがリードで、既存株主のKDDI株式会社によるコーポレートベンチャーファンド「KDDI Open Innovation Fund」、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、クリーマ創業者の丸林耕太郎氏が参加した。

Creema2

「Creema」は、創作活動に取り組む全国のクリエイターと、生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCマーケットプレイス。2010年、”本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する”ことを目指してサービスを開始。

Creema3

現在、「Creema」では、プロおよびプロを目指すクリエイターが中心の6万人の出店者による、240万点ものオリジナル作品が出品されている。クリーマによれば、2016年の「Creema」における流通総額は通期100億円の見込み。

Creema4

さらに、クリーマは、オンライン上だけでなく、東京ビッグサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス」の開催や、ルミネ新宿店にて常設ショップ「Creema Store」を運営するなど、「Creema」に出店するクリエイターの作品を生活者がリアルの場で購入できる取組みも推進しており、日本のクラフト文化の醸成に注力している。

今回の資金調達によって、クリーマは、採用・開発・マーケティングの強化し、さらに新規事業や海外展開も視野に入れてクリーマのビジョン実現のためのあらゆる施策を実施していきたい考えだ。

Creema

これにより、クリーマでは、優れた感性と技術を持つ全国のクリエイターと共に、日本のものづくり文化をさらに拡大できるよう全力で取り組むという。