ハリウッドも愛用する、コンテンツマネジメントサービス大手「Mediamorph」がシリーズCで約22億円を資金調達

米国・ニューヨークのコンテンツマネジメントサービス大手Mediamorphは、Advance Publicationsの投資部門Advance Vixeid Partners(AVP)などからシリーズCで2,120万ドル(約22億円)の資金調達を実施した、と発表した。

米国・ニューヨークのコンテンツマネジメントサービス大手Mediamorphは、8月29日、シリーズCで2,120万ドル(約22億円)の資金調達を実施した、と発表した。

770246573112463361

今回のラウンドは、Advance Publicationsの投資部門Advance Vixeid Partners(AVP)がリードで、NBCUniversal元会長/CEOのBob Wright氏、USA Networks元会長/COOのBarry Baker氏を含むLee Equity Partners、既存投資家のLiberty Global Ventures、Smedvig Capitalが参加した。

今回の資金調達で、資金調達額は累計4,300万ドル(約44億円)となった。

Mediamorphは、企業向けにクラウドベースのソフトウェアとデータマネジメントプラットフォームを提供する。データを駆使して、コンテンツの権利やコンテンツの利用状況を追跡することで、収益を最大化するための意思決定を支援する。ハリウッドの有名スタジオや米国最大のビデオサービス大手企業らが利用している。

また、Mediamorphでは、同日、 Advance/Newhouse Partnershipの会長で元Bright House Networksの会長Nomi Bergman氏、Liberty GlobalのマネージングディレクターBob Greene氏、Lee Equity PartnersのシニアアドバイザーBarry Baker氏を新たに取締役に迎え入れ、グローバル展開を加速していくことも明かした。

今回の資金調達によって、Mediamorphは、事業開発を強化すると共に、組織を増強していきたい考えだ。